つれづれに

アクセスカウンタ

zoom RSS ドコモウィズに変えて感じたこと

<<   作成日時 : 2018/05/16 23:28  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我が家系は、もっぱらドコモ派が多いため、ドコモになっています。
3か月前まで、我が家ではアイフォン一本だったのですが、とうとう、嫁さんのアイフォンがSIMを受け付けなくなり、急遽機種変しなくてはならなくなりました。

同時購入のため、ほんの2週間ぐらい前に、そろそろ機種変しないと電池がやばいという話してたところで、たまたま、キャンペーンの便りを見ていました。
画像

その中で、ドコモウィズ機種にすれば、割引が効くことを知り、シンプルプランでシェアーパックとシェアーオプションにし、機種保証のみの、その他割引やらで、月額は半額になりました。
まあ、初回月は、アイフォンでの使用料と事務手数料引かれるので、かなり痛いですが、それでも翌月からは半額なのでお得感満載になりました。

なんか、阿保みたいにどぶにお金を投げ捨て続けていた5年間が、もったいない。
単純に金額にすると、\420,000-、いいディーププランニング用パソコンが1台組める金額でした。

というか、やっとこさ、長期ユーザー優遇制度が確立してきた感がありますし、いまさらになって携帯会社にもやらなきゃ食われるという危険を察知する感覚が芽生えてきた感じがします。
携帯大手の、今期売り上げを見ても、そこいらへんが効いてきた感じは否めないと思います。

一巡してしまえば、新規顧客獲得による収益性より、長期ユーザーからの収益性のほうが高いということです。
世の中本当の意味での新規は、大抵、代表者がすでに契約しているところに乗っかるのが、大体安くなるのが基本ですからねぇ〜。

さらに、今までは、長期ユーザーが、新規乗り換えして安い構図を優先してたが、やはり、手続きは面倒ですし、なんで2年かわからんヘンテコ契約(今も変わらんが)で、企業間で大きな流動を抑えるつもりだったのかもしれませんが、消費者としては、企業の勝手な理由が、面倒なため長期間の流動性は弱まる一方になることは目に見えていたことでした。

だからこそ、第4の携帯電話会社として立ち上げた楽天は、本当の意味で、年間使用料金が、魅力的な価格にならなければ、大失敗に終わることと思います。
それこそ、今の大手3社の半値半掛けくらいの通信費で機能、品質は同等以上でなければ、ただの格安SIMの延長上で進められるような話ではないと断言します。

取り敢えず、5Gの通信が安定するころに、さらなる価格、機能、品質の3拍子そろった会社を選択する大きな波が来るはずなので、その波には乗り遅れないように消費者としても踏ん張り処ではあると考えています。

株主としても、この波をどの会社にあてがうのがいいかは、結構決めてらっしゃる方も多いのでは?
私も、一応現状でも決めていますが、今現状で手堅いところなので、ナイショです。
今後の状況をじっくり見ながら、その時を待ちたいと思います。

ところで、iPohoneが流行る理由がわからなくなってきました。
確かに、初心者には、感覚的に解り易い仕様かもしれませんが、android程極め細やかに設定できないし、価格相応の機能があるかと言われると、それはない。
今回のことで、わかったが、電子部品が、それほどいいものを使用している訳でもない、昔のようなマッキントッシュを彷彿とさせる品質と機能特化によるブランドを失ってきている感じが非常に強いです。
ハードとOSを両立できるからこそのバランス設計で品質の高さと機能特化の充実性が強みだったはずだったのに、こんなに土台の崩れたリンゴの木は、いずれ、枯れてしまうのではと強い危機感を感じています。

私は、この件で、Mac時代から足を引こうと思います。
PCにしても、閉鎖的で大きな可能性のないものより、少しずつだがオープン化しているのWindowsや、衰退せずにオープンソースとして根強いLinax系をきわめて行ったほうが、好みのOSに仕上げるこれからの時代にあったものと感じています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドコモウィズに変えて感じたこと つれづれに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる