新年早々

新年早々、平和な日本を脅かすニュースが入ってきました。

といっても、お正月ボケしてるのか、忙しすぎたのか、危機感があまりなく、久しぶりにニュースを見て戦争でも始めそうなアメリカとイランの状況を2度見して、少し目が覚めました。

確かに、正月早々の初夢が、どこかわからない部屋に3人ほどで監禁され、顔がわからない犯人が上階の部屋から犯人の顔見知りと思われる人物を突き落とし、ベランダに落ちてくるという殺人事件の目撃者になる変な夢だったし。

おかげで、正夢で、身近に殺人とかが起こりませんようにと少々、ビビッて過ごしているのですが、世界では、もっと大きな殺人を行おうとしている。

殺人や戦争は、ゲームの中だけにしてほしいものです。
せっかく、VRも出来たのだし、わざわさ痛い思いするような生身の戦いよりも、少人数でより戦略性の高い戦術能力による力の誇示の仕方に変換してほしいものです。


おしの勝ちにこだわる一年になりそうだ。

今年は、どうやら新年からおしの勝ちにこだわる1年になりそうだ。

2020年は、オリンピック開催地となり、スポーツの年と言われています。

これに乗っかるわけではないのですが、新年早々、1/4の滋賀レイクスターズvsレバンガ北海道の試合を観戦してきました。

前回は、チケットを頂いたにもかかわらず、地区の役員の仕事で、どうしても行けなかったため、今回が結局初めてとなったのです。
しかし、レイクスターズが、ホームでボロ負け状態といった、あまりにも弱すぎて声援もなかったと聞いていたので、あまり期待はしていませんでした。

しかし、今回は、年始で、ホームゲームのため、前回行った時より観客数が、1.5倍近くとなりました。
相変わらず、レイクスターズの弱点が、モロに影響している部分もあり圧勝の気配は一切ありませんでした。
前半戦、後半戦ともに、一進一退のゲーム展開で非常に沸いていました。

最終、レイクスターズが逆転してからの終了前1.3秒間は、会場の一体感と緊張感がMAX状態。

1.3秒以内で、何度も息をのむレバンガの攻撃。

にわかファンでも、これだけ楽しめる、エンタテインメント的な試合は稀なことだと思いました。
そして、妻や子供達と一緒に感動出来たのも非常に良い一年になりそうです。


次は、子供が行きたがってる、野球観戦かな。

特に私のおしの球団がないのですが、今回、レイクスターズとコラボしていたトラッキーvs適当にさぼるドアラ戦でも、大阪か愛知で見に行ければよいのですが、すべては心優しき財団からのチケットを頂けなければいけません。

御祖父さんからの、ありがたいお話の中で、相撲の大阪あたりの升席を買いたいという話が出てきたので、便乗で行ければ行きたい。
鳰の海や貴景勝、琴宮倉おしで、朝から見に行きたいですね。

あとは、私が好きな、WRCが確か11月ごろ愛知・岐阜で開催されるはずなので、それを見に行きたいのですが、妻や子供達に興味がないようなので、却下されそうですが、こちらの観戦も実は楽しみにしています。


肝心のオリンピックは?
そんなのテレビで見るだけでしょ。
東京まで行って、熱いし、宿泊費や交通費、チケット代なんかいれれば、貧乏人にはオリンピックローンでも組まなきゃ行けませんて。

なにがネックかって?ネットワークの速度だろ!!


最近、ネットワーク速度が遅くて遅くてという話を度々していたが、突破口が見えた瞬間を語ろう。


今まで、IPv6なのに遅い、夜間がしんど過ぎるという話を散々して、回線機器の改善やソフト設定、ドライバーの更新等を試みていたが、瞬間的改善にしかつながらなかったことが多かった。


しかし、今回は、著しく絶対的に変わったと断言できる。


月々の通信費をアップさせてより大容量な2Gや10Gのような回線を太くしたわけではない。
何をしたかというと、WIFI6搭載のアクセスポイントに変更し、通信回線容量の無駄な利用を削減する方法を取ったことです。


WIFI6は、実にスマートに整列された通信方式で、WIFI5と互換性がある。

WIFI6のルータまたはアクセスポイントを交換するだけで、そこそこデータ送受信の改善が見込めると思い、1万円を切らないが、WIFI6のルーター、Archer AX50(by TP-Link)を購入してみたのだ。




元々、宅内は10Gで一部動作しているためダウンリンクした、インターネット経由の1G回線ではもったいないのだが、あえてLANケーブルはCAT7に統一していたので、回線の太さに関する問題はなかった。

実質行ったことは、ギガビットイーサーの系統ににアクセスポイントとしてポンづけしただけです。


ほんの1年ほど前に、WIFI3→WIFI5対応へ大きく変え、下々の機器をUSB化までした上で、回線が込まない時間は劇的に改善されたが、夜間のネットワークが有線無線共にほぼ動かない状況に悩まされ続けてきた。

ここ最近の大容量回線に憧れつづつけ、悶々と過ごしていた日々。

WIFI5で変更したことを失敗だったと後悔していたが、WIFI6で息を吹き返したと確信する。



今まで、有/無線共に動かなかった夜間でも、スマホ2台、タブレット1枚、ノートパソコン1台をWIFI接続。
さらに、テレビ1台、レコーダー1台、サーバ2台、NAS2台、デスクトップ2台を有線接続して動作していても、インターネット経由の動画が複数台の機器で有/無線問わず、見れるほどに改善された。

今までは、スマホでさえ、動画はおろか、ページを開くことさえも時間が掛かり、まともに画像の表示が出来なかったのに。


これこそ、通信改革です。


5Gよりも早期に開始され、現資源の有効利用率が非常に高く、もっと評価されるべき改革だと思う。
世の中は、見た目の数字のスピードがもてはやされ、現行の1.4倍だとか言って、評価が低すぎる。
安定性と効率化による実質の速度アップは本当に今までに比類なき存在と思います。



ちなみに、現状で手を出さない方がいいことが1つあります。
子機をWIFI6(ax)に対応することです。
1G回線ならはっきり言って、axは不要。
使用効率が上がるので、ac/nで十分です。
10G回線なら意味ありますが、1Gや2G程度のネットワークの回線だとほぼ無意味です。
無駄金使ってがっかりするのがおちです。

一応、買ってみた安かったサンプル品



インターネット回線が10G、WIFI6ルーターが10G、子機がWIFI6まで、しっかり対応したうえで、パソコンを最新の高性能なものに変更まで実施すれば間違いなく自前は最速になります。
お金を使った割には、現行の状況では相手側が対応していない。
実質の最高速がしょぼくてがっかりパターンに陥ります。
4Kでさえ、ケーブルテレビ利用してみんな持ってるほど流行っていないのに、8K時代までお蔵入りかも・・・
wifi対応の3DVRオンラインゲームが流行れば、少し早くに波が来るかもねぐらいのレベルかと思います。

なぜ、悪用されるのか?

ここ最近、毎日のようにあおり運転されただのしたつもりはないなど、日常会話でもよく聞くようになった。

なぜ、ここまで、あおり運転が注目されるようになったのかと思う。

そもそも、MT車ばかりだったときは、なんだかんだ言っても、クラッチの接続をうまくやらなければならなかったため、前後の車間を取らなければという危機感が高かったし、前後の車が、どう動くか間合いがとりやすかったものの、複雑さが、事故を発生させる問題だということで、AT車が販売され、当初は、加速しない安全性を備えていたので、少々の操作ミスがあっても、リカバリーが効いていたのだが、危機感が薄まり注意散漫になっていったと思われます。

それなのに、技術は進化し、加速力は踏んだしこ加速していく車ばかりになりました。
そら、ガンガン走れば、ブレーキも遅くなるし、いわゆる普通免許で扱える凶器をパワーアップさせた感じなのです。
だから、ブレーキも踏まずに人ごみに突っ込んだり、無理な運転や、見落としで、スマアシついてても機能きれない大事故も増えました。
しかし、ガンガン走れば、気が大きくなり、運転が上手いとどうしても思いがちになってしまいますが、大きな勘違いなのです。
それこそ、車に走らされた状態になってしまっているのです。

昔のラリーでグループB時代を彷彿とさせますね。
プロドライバーでも扱いきれないモンスターマシンになり廃止になった規格
さらにそれよりたちが悪い、星の数ほどいる一般運転者が扱いきれないマシンをいとも操っているように見せる、ガーディアン化、アシスト化など、中途半端な半自動運転を受け入れようとしているのだ。(免許返還しろと言いつつ…)

本当に運転したいなら、やっぱりMT車、中途半端なAT車はもっと低いレベルのマイクロカーで採用、それ以外は、乗車するだけの完全自動化までいかないと、この問題は、きっと解決しない。

そして、バイクも似たようなこと。3輪や4輪などというものが出来て、安定性とか言っているが、危機感が結局薄れるだけ、事故が減少するのは瞬間的で、だんだん増加するはず。


まあ、少しだけライセンスまでわざわざ取って、レース、ジムカーナ、ダート、ラリーをかじっただけあって、少々尻に付かれてもあまり気にしないし、本当にやばそうならば、速度を落とすか、広い場所で停車して抜かしやすい状況を提供するようには心掛けています。
まあ、ベース利用車がノンターボの軽自動車なので、ショートカットのラインどりと小回りが利く以外はどんな車よりも所詮しょぼいので、頑張るだけしんどいです。

速度を落としてついて来るようであれば、蛇行しようが、パッシングしようが、その人の最適車間なのだから、こちらがどうこう言うことでもないし、事故したときは、後ろから突っ込んできたほうが、悪くなるので、特に気にすることはない。
怖いのは、手を出してくる場合なので、状況を見ながら出来るだけ近場で、車通りの多い一般道、または警察署や、交番、NEXCO施設関連に誘導したうえで停車するのが妥当ですが、強制的に止められた場合は、相手が降りてくる前に、セキュリティ会社や警察に接続しておくことも危機感を和らげる一つの方法かもしれません。
まあ、警察のお知り合いがいないと、これも向き合ってもらえるかわかりませんが…

どうせ、どんなに安全に気を使っていてもヒューマンエラーや相手にムカつかれるときは、必ずある。
ただ、その不満度が自分にしろ、相手にしろ、如何に最小限に出来るかがキーになってくるのだと思う。
とにかく、なにがあっても自分だけでも冷静さを保つ必要がある。

スリムタワーパソコンでも快適なゲームがしたい。(2スロットビデオカードを搭載してみた)

スリムタワーパソコンでも、ゲームがしたい。

そんな思いから、現状で可能な構成を考えてみた。

まず、現状のビデオカードは、ゲーム系のものは、2フルスロットは必須であり、2ハーフスロットだとかなりの限定されてしまう。
外置きなんて、省スペースが売りなのに、まっぴらゴメンである。

ということは、民生品のスリムタワーパソコンのケースでは、ほぼ使い物にならないのであります。
そこで、目を付けたのが、ビジネスパソコンのおさがり品です。
これは、スモールワークステーションとしての需要があるため、Quadroの2000番台(1フルスロット、ミドルサイズ、補助電源無)が実装できるように作られていることと、PCIex1のカード増設予備を謳っているので、順番はどうであれ、2フルスロット用の変換拡張ライザボードがアドオンさせる構成となってる。
対象機種
・NEC
Express5800シリーズ
・富士通
ESPRIMOシリーズ

また、TFX電源では、最大でも300wしかないため、補助電源を必要としないビデオカードでなければならないのです。
対象ビデオカード
・NVIDIA
GTX1650
GTX1050Ti
GTX1050
・AMD
Radeon RX560
Radeon RX550

2フルスロット用の変換拡張ボードってなに!?
PCI-Express PCI-E 16X ライザ カードエクステンダー 延長変換ケーブル(90度変換)
ストレートタイプはNGです。
必ず90度変換タイプで、フラットケーブルがノイズに弱いため高周波インピーダンス対応品が良いです。


今回は、富士通 ESPRIMOに載せてみました。
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/031/757/15/N000/000/000/156614082209327954435-thumbnail2.jpg?1566140824452

設置は、変換拡張ライザボードの設置位置に合わせて指で押さえた状態で、ビデオカードを取説通りユニットに挿入してやれば、ぴったしカンカンで、最後に、本体マザーボードと延長変換ケーブルを接続してOK干渉もなければ、ビデオカードのファンと延長変換ケーブルとの干渉もなく仕舞作業も楽ちんでした。

外観は、こんな感じ。(違和感なく収まっていますね。)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/031/757/15/N000/000/000/156614082219226137904-thumbnail2.jpg?1566140824450

普通に表示できたからいいや。
細かい描写表示速度までは、今は気にしてないので満足!!

家BBQ!

連休最終日、何とか天気が持ってくれたため、実行しました。

ただ、当初来る予定だった、祖父母が所用にて不参加になったため、昼間にやることにしました。

ということで、初めて自宅の庭でBBQ、外で、ホットプレートを使えるのも自宅の庭で出来るからこそ。
なんとも便利なことです。
縁台に食材を広げ、テーブルとイスを用意して、ゆっくり落ち着いて食べられる空間を準備しました。

子供たちは、焼きあがるお肉を見て大はしゃぎで、ひたすら肉に食らいついていました。
外で、食べるのも、たまにはいいものです。
肉を焼いてる私は、子供たちの食べっぷりに驚きながら、必死に焼き続けること15分。

我が家の高級肉100グラム500円はあっという間に500グラム完食し、子供たちが一切口にしなかった野菜をひたすら食べる親。

なんとも、よくある風景です。

みんなが満足してくれたし、何よりおなか一杯。
そして、曇り空で、涼しかったため、快適なBBQになりました。

ホントに良いBBQ日和でした。

もちろん、片付けもホットプレートなので、キッチンペーパーと除菌シートで初期処理し、脂分を家に持ち込まなくていいし、火気の心配もなし。
食器類もすべてそのまま燃えるゴミor資源ゴミ行きなので、親だけで、片付けはほんの10分程度で完了します。
これだけお手軽だと、何度でもやりたくなります。

改装閉店セール

今日は、金曜日、
明日からの3連休中の晴れた日に、庭でBBQをやると、子供たちに宣言したので、食材以外のものを調達しに本当に久しぶりに、仕事帰りに寄り道しました。

ここ最近、休日でもひたすら引きこもりか、庭の手入れに勤しんでいたため、仕事以外は完全出不精でした。

お店にはめったに行かなかったため、会社の友人に近くの店で閉店セールやってるからって聞いたので、どんなセールをやっているかも知らずに、のこのこ行ってみました。

どうやら、後から嫁さんに聞いたのだが、100円ショップは完全閉店するため、確かにものが尽きかけていたが、10%OFFになっていました。
ここで仕入れるのは、使い捨て紙コップやら、紙皿などを仕入れてきました。
まあ、少しは浮いた気分になりました。

残念ながら、改装閉店セールの衣料品は思った以上に安くなかったので、残念感が半端なかったのですが、次の物を探しに行くことに。

BBQするには、ちょっと椅子が不足しているのと、テーブルがもう一脚欲しかったので、見に行くことに。
大きく50%OFFって貼ってるじゃないですか!
と思ったら、値札に50%OFFシールが貼ってあるやつだけでした。
探し回った挙句、もともと800円ぐらいの普通に座れそうな椅子があったので、在庫限りの2脚をゲットし、半額になったので、1脚分の金額で購入できました。
しかしながら、テーブルはなかったため、残念と思って自宅に帰りました。

そして、テーブルがなかったことを家族に伝えると。

子供が一言。

パパが、この前柵を解体して片付けた板と木で、明日テーブル作ればいいでしょ!!

まあ、ざっくりいうとそうなんだが・・・
子供たちよ、立派なテーブルを想像しないでくれよ

子供っていうのは、よく見ていて、発想力があるなぁ。
なんて、少し感心しました。

ということで、明日の午前中は、超簡易テーブル作りに勤しみます。
予定では、木を切る必要もそれほどなさそうなので、ビス打ち1時間以内でできると踏んでいますが、どうなることやら・・・
片付け含めて、めんどくさくならないように、片馬だけ作って、縁台に天板をひっかけて乗っけるだけのコンセプトでいいとは思っています。

AMD CPU改革年

ついに第3世代RYZEN発売しましたね。

というものの、貧乏な私が購入するには程遠い話ですが、いろんな記事を読んで感じました。

シングルCPU部門では、現在のところRYZEN9 3900Xがベンチでトップを叩き出しているようです。(Pass Mark調べ)
メニィーCPUでも、25位以内には食い込んできています。(Pass Mark調べ)
高級品のThreadripperを差し置いて、安価な価格帯のRYZENがあっさり抜いていく7nmプロセッサの威力すごいですね。

Intelとの攻防では、どうやら、AMDがIntel XEONを含めても有利な立ち位置になったのではないかと思います。(言い過ぎかもしれない・・・)

ただし、AMDには1つ問題点があります。
それは、チップセットの発熱量です。

CPUに関しては非常に力が入っており安定性も熟知した構成になっていますが、相変わらず、チップセットが弱点になっています。
これが、次期プロセッサーで解決されるのか?はたまたノート用CPUにシェイクダウン時に革新的なチップセットに入れ替えるのか。
まあ、現状のマザーボードにBIOSアップデートで交換対応が出来る状態では、なかなかこの問題に対応するには難しいのかもしれませんが、そろそろ、チップセットの構造見直しの世代が見えてきそうな感じがします。

また、メニィーCPUではIntel XEONが圧倒的な強さを見せているため、サーバー向けでもチップセット非力さがあらわになっています。
クライアントPCとしては、No.1を勝ち取ったとは言えども、ワークステーションやサーバーといった範囲では、まだまだ真のIntel追撃は終わっていないのです。

今後の展開からは、メニィーCPUよりもメニィーCOREが優勢なため、AMDには追い風のはず、Intelは、Intel Xeon Phiの新型を離脱した?ため、大きな変換期に到達しているのは間違いないので、新たなことを仕掛けてくることは間違いない。

IoTが発達すれば、データ量が倍々的に増え、それを解析、部別、判定するためにディーププランニングやAIが益々重要になり、個人的なクライアントPCでもCPU、GPUの能力が必要な時代がやってきます。
さらに、今はゲーミング性能を重視しているクライアントPCが多いですが、いずれは会社でPCを使用していた人々やPC慣れした若い人々が、資産運用やネットマーケティング等の経営を優先した活用に変える世代が増えていきます。

そこで、スペック面、コスト面、安定稼働面で、AMDは一番いい立ち位置が作れるかどうかで、世の中の評価が劇的に変わってくると思います。

ですので、私は、今現状は一番良い掴みをしているAMDを応援したいし、希望ある会社と考えています。

余談ですが、
GPUは現状OpenGLが非常に非力で、CUDAが唯一無二な存在であるため、nVIDIAが優秀に見えますが、考え方として、OpenGLにユニット単位で解析、部別を並列で指定実行し、集まった分析結果をCPUサイドで、判定させるための開発ツールをある程度のパズル形式やラダー形式でAMDオリジナルな幅広いOSに対応できるアプリケーション化することで、解り易くなり教育機関や企業、個人にも受け入れやすくなり、部品のセット販売率、PC単位での購入率が格段と高くなると思われます。
CUDAはあくまで、GPU内だけの処理を書けるツールなので、CPUとのセッションにそれなりの技術が必要ですし、テクニックも必要です。
何より下準備が大変で、ちょっとハード構成変えるだけでも一苦労です。
OpenGLが不人気なのは難しすぎることもあるので、それが処理のユニット化されるだけで、ある程度の範囲に固定されてしまうかもしれませんが、どのユニットでエラーになっているのか、その前のユニットでどのような結果を吐き出したのか容易に調べることも可能ですし、エラーの発見を解り易くし、処理の分岐/組合せ等を考えたり、本当にどうしようもないときは、ベースコードをいじって、うまくいけば新しいユニットとして公開する、手段と楽さが随分と違ってくるかもしれないです。

混沌とするGPU戦線

AMDが、第3世代CPUのRYZENシリーズを放つと同時に、PCIe4.0規格に対応したGPUシリーズを販売した。

その名も
RX5700
RX5700 XT

えぇ~4桁にしちゃったの…
PCIe4.0規格だから?

ますます、nVIDIAのRTX 20シリーズに名称だけ近づいちゃった。
しかも、nVIDIAは対抗するかの如く、RTX 20シリーズにSUPERをそのままポン付けしたものを出してきよった。
とりあえずは、RTX 2070 SUPER、RTX 2060 SUPERらしい。

GPUの場合、名称の順番から行けば、
RTX 2080Ti >  RTX 2080SUPER
な関係になるのか、
RTX 2080SUPER >  RTX 2080Ti
とするのか。

まだ、発表されていないので、何とも言えないがその興味はあります。

自作購入者は、意図した製品を入手するには困難を極めそうです。
実売の値段もそんなに変わらないのに性能は上がっているので、よく見て買わないと印無を間違って買いそうな気がします。
まあ、ちょっぴり高いほう買えばいいのかもしれませんが、あてずっぽうはいやですね。

さらに、お好きな方はベンチをやるでしょうが、どこぞのなんたら省のようにデータを取り間違えそうな名称。
せめて、スーパー化がマイナーチェンジというなら、GTX10シリーズみたいに下3桁で変えてほしかった。
もしくは昔の名残みたいに、RTS 20シリーズとか・・・


しかし、AMD、nVIDIAともに新しいことに取り組む意欲と丁の高さは両社とも負けず劣らずといったところだろう。
PCとしてのバランスの最新鋭を追求するAMD
GPUとしての最新鋭を求めるnVIDIAといったところだ。

I/Pv6が勝手に寝落ちしてる

春の初めから、4月~5月の頭にかけてどんどんどんどん、ネットの通信が遅くなり、しまいにゃ、19時~25時以降まで不通になってしまった。

I/Pv6回線が溢れるという記事は何処にもないので、これはおかしいと思い、毎晩ルータのリセットを行ってみたが変わらず、宅内LAN側の5台のHUBをオールリセットしてルータの再接続を行ってみたりしたのですが、接続の問題ではなさそう。

近場の怪しいWifiはを無効化したり散々やってみたが…

宅内LANは、1G理論値ならばっちりの実力値が出てる。



そんな馬鹿なと思い、ルーターのI/Pv6設定を再確認してみると、てっ停止中・・・



Oh , My Gotten !!



いつの間にやら、音沙汰なしで停止に陥ってやがった。



今までリセットしても落ちてなかったのに、ルータの自動アップデートで停止に切り替わってしまったようだ…



勝手にアップデート設定は解除したいような、気もするけど、それはそれで、めんどくさいし。

世の中何でも便利になると、重大事故が増える例かも知れない。



これからは、最初にルーターを疑うこととする!!

ちなみに、I/Pv4の枯渇って本当なんだな。

RX580の限界

そう、その日は着実に近づいてきていたのだ。



3画面で、36時間耐久3Dオンラインゲームを楽しんでいたのですが、ファンの最大回転数をブン回しながらオーバーヒートで酸欠気味になり、やたら黒い三角形が発生し、急に画面が真っ白になって、しばらくすると復帰する状態に陥った。

最後には、センターディスプレイが消灯して再起動では復活できなくなった。

ヲワタ・・・



Oh , My Gotten !!



完璧なまでのオーバーヒートです。



やっぱり、CPUが良くても、GPUが悪ければ、こうなる運命なんですね。

RYZEN7 1800X + RADION RX580



なので、もう一台のお試し。

RYZEN5 1600 + Geforce GTX1070

CPUが悪いので、描画の瞬停があるもののGPUが高スペックなので、3画面でもいけるっぽい。

気にくわないのは、DPオンリーで接続できないこと。

いまさらながら、DVIケーブルを引っ張り出してきてしまった。

いろんなところで、Geforce GTX1080以上じゃないと3画面動作はダメなんだって書いていたけど、あほなスペックの3画面ディスプレイにしなければゴリゴリ動くし、なんちゃらコンを使わない一般的なキーボード + マウス動作なら十二分に実力を発揮できる代物だと思います。

令和になって

いつの間にか、平成って終わってましたね。
平成○○ ○○月○○日の記載のままになっている提出書き込み書類に少しひねくれた違和感を感じながら・・・

令和になって変わったことってなんかありますか?
答えは、世間的には特になしです。
ただし、心中は、わくわくしています。

マスメディアでは、令和最初の○○をひたすら追っかける報道をしていましたが、どうでもいいと思いました。

それよりも引っかかるのは、R.1(令和 元年)

R-1 ヨーグルト?
R-1 グランプリ?
R1 ヤマハYZF?
R1 スバル軽自動車?

アールワンは、色々あるから、気持ちが揺らいで書きづらいと思います。

ただ、Rというのは、私の中では好きで、Racing(競走)の意を感じさせ心を躍動させます。

日本は、現状あまり良いほうに向かってはいないのが現実であります。
しかし、それを打破するためには、法とルールを準拠し、Racing(競走)を繰り返し、いち個人が切磋琢磨でき、社会全体を嵩上げ出来る時代にしたいと、私は前向きに捉えています。

まずは、最近施行された、働き方改革が本当の意味で成功すれば、生活の質の向上とは別に、シングルワークの離脱による所得向上や、時間意識向上に伴う個人的なマネジメント力が優れている人々が、Topで戦い続けるのではと、予測してこれからの生活に取り組もうと思います。

連休は 勝ち組or負け組!?

今年の休暇は世間では、10連休と言っていますが、何やって過ごそうかっていう人や、仕事が気になって不安だっていう人で、溢れてる。

さらに言えば、連休中に必死に働いている人も溢れてる。

前向きに連休を楽しんでいるのは、誰だ!!
そんな勝ち組にあやかりたいものだ。

そんな私は、中二日ほど仕事で出社し、後は優雅に近場で、写真撮影。

とにかく、連休の無駄な労力と支出を極限にまで抑えるべく、

無人/無縁な生活で、得た答えがこれだ!!

I love Sky!

画像


画像


椅子に寝転がってのセットポジションです。

ゼッタイゼツメイ

1週間ほど我が家は、起動しなかった。

1名のインフルエンザで、バタバタと家族全員倒れ、
阿鼻叫喚が飛び交い、
やっとこさ皆が熱から解放された今日。

すさまじい破壊力だったため、ワクチンの無意味さを問いたくなる。

そして、明日からの生活はいかに!?

考えただけでも重たい・・・

あけましておめでとうございます。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

早速ですが、熊本のほうで大きな地震がありました。
新幹線が止まっているようで、帰省ラッシュに大きなダメージを一部与えているようです。

詳細は、わかりませんが、みんなが無事に帰路に辿りつけることを祈ります。

どうやら風邪らしい

今日は、朝から喉が痛い。
どうやら、治ったと思って夜更かしパレードしてみたら、2日で撃沈。

弱い、弱すぎる。

最弱王の名にふさわしい貧弱な体になってしまったようだ。

明日は、ちょいと頑張らなきゃならない役員のお仕事があるので、早めに休養することにしようと思う。

ということで、英語はさぼります。

何の報告じゃ・・・