T7500のパワーUP完了

先日のディスプレイポートケーブルが4本とも全滅で、かなりショックがデカかったのですが、早朝にケーブルが到着し、接続して全5画面とも表示可能な状態になりました。

ケーブルは、以下のものを使用しました。



ケーブル自体、太くないため、しなやかさがあり、取り回しが非常にしやすいです。
ケーブル長も、1.8mとそんなに長いものを手配したのではないので、ノイズの心配は不要です。
一応、4Kまで対応と書いていますが、詳細は分かりません。
とりあえず、フルHD、60Hzでは問題ないです。
価格も安いので、いいと思います。

めでたしめでたし。

CPUの周波数や、転送速度が1ランクづつアップしたため、解析処理能力は実感できる高速になりました。

これなら、大量なデータを扱う3DCAD系も十分に処理可能です。

今回の変更でもまだまだグラフィックボードのスペックの弱さはありますが、あまりハイスペックなものを選択しても、今度はマザーボードがなんて話になりかねないので、適正な能力のものが、格安で手に入れられそうなら、考えたいと思います

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック