@いう間に上期が終わった

あっという間に、はや10月も半月過ぎようとというのですが、もうあと半期もなく、今期も終わり。

今期は、公私ともに引っ張りだこで、なかなか自分の時間が取れず、げんなりしているものの、充実感は高いかもしれない。

私で、こんなに体を動かすこともなかったし、自分で考えて実践し、誤差修正していく、個人プレイのほうが自分には合っているのに、周囲の同調を取り、必死に合わせていくという協調性??重視のやり方に、正直途方に暮れている面がある。

まあ、だからこそだれもやりたくないというネガティブヤクインなんでしょうが…

お役所やサービス系のお仕事に徹するとそれが当たり前なのかもしれないが、いかんせん開発、クリエイティブ系のお仕事だと、効率や最善の方向性を指示決定権を持ちたがるので、フラストレーションが半端なく、もっと自由にできないものなのかと苛立ちを覚えてしまう。

おかげで、公の仕事のほうでは、上司の最終移行のみ聞けば、あとは手法は自由に効率と最善の対策をがっつり勝手に作りこんで、結果だけ見せる方向で進めているが、上司にとっては中間報告がないので、上司は苛立ちを覚えているだろう。

まあ、私の仕事は、基本1年間で、結果どれだけの数字を叩き出し、今後どう変化していくのか見通し立てた次期計画と見合う結果がより具体的であれば、途中評価なんてほぼ不要。
プロセス重視なんて時代ははっきり言って終わったと思う。
結論が上司の思いと近ければ近いほど、上司の評価は当然よくなるし。(私が上司ならそう思うから。)

ということで、一応中間報告であるプロセスは完了したので、今後の数値を上司の思いに近しい値で発表し実際の値を具体的に出していくことと、新たなる上司の思いに近くなるような次期プロセスの最終結論について話せば、今期末までは、特に上司との個別面談は不要と思うのだが。

チームとしては許さないらしいので、変な資料づくりにうなされないように、上司をうまく丸め込めるような直感勝負の資料にまとめなければならないちょっとした、フラストレーションがたまりそうな予感は感じている。

あとは、研修が山のようにあり、特に自分が望んでやっている研修ではないので、当然結果が出ない。
あなたの将来のためにと会社が仕事の時間を割いてしている研修を否定するのも何なのですが、いかんせん苦手なものは苦手なので、私の時間を費やしてまで、会社の都合の勉強に励むより、将来の自分に利益を得る勉強に時間を費やしたいので、なおさらかもしれない。

まあ、そのうち、研修は首になって、退場させられるまでは我慢してつきあうとしよう。
よく持っても、あと3か月ぐらいだろう。
下手すりゃ、今月末には首宣言してもらえたほうが非常にありがたい思いでいっぱいだ。

まあ、半分終わったので、来年は私だけでも楽になるので、あとの下期、なんとか自分でごまかしながら、乗り切りましょうや。
穏便に、穏便に!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック