LED化

本日、自宅の電気工事を行いました。
やっとこさ、私用で電験取ってて役に立ったことですかね。

工事内容は、照明器具のLED化です。

いわゆる直結工事というやつです。

安定化電源装置を省いてLED灯にAC100Vを繋ぐもので、LED灯の種類により配線が変わるようです。

今回やったのは、グロータイプではなく、ラビッドタイプのものなので、単純にグローランプを外せばよいという代物ではありませんでした。

グロータイプでも、基本は電気工事必要で、安定化電源装置を外さないと本当の省エネにはならないです。

グロー交換専用でグローを外せば使用できるタイプのLED灯ならば、基本は、左/右にL/Nを最低片側づつクロスでもストレートでもつなぐで問題ないようです。
ただ、メーカーによるようですので、一概に絶対とは言えませんが…。

しかも、10Wの2灯式だったので、並列に接続してやらなければなりませんでした。

なにせ始めてやるものだから、できるだけ現状配線を生かして、最低限の接続し直しにしたかったので、ちょっと必死になりました。

おかげさまで、既設ケーブル長が一部極端にぴったしということもありましたが、新たにはケーブル延長なしで、新規に2端子打ちしたのみで完了しました。(絶縁処理作業は、4か所でしたが…)


おかげさまで、死にかけてた外灯が、一気に蘇りました。

これで、しばらくは安心です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック