スリムタワーパソコンでも快適なゲームがしたい。(2スロットビデオカードを搭載してみた)

スリムタワーパソコンでも、ゲームがしたい。

そんな思いから、現状で可能な構成を考えてみた。

まず、現状のビデオカードは、ゲーム系のものは、2フルスロットは必須であり、2ハーフスロットだとかなりの限定されてしまう。
外置きなんて、省スペースが売りなのに、まっぴらゴメンである。

ということは、民生品のスリムタワーパソコンのケースでは、ほぼ使い物にならないのであります。
そこで、目を付けたのが、ビジネスパソコンのおさがり品です。
これは、スモールワークステーションとしての需要があるため、Quadroの2000番台(1フルスロット、ミドルサイズ、補助電源無)が実装できるように作られていることと、PCIex1のカード増設予備を謳っているので、順番はどうであれ、2フルスロット用の変換拡張ライザボードがアドオンさせる構成となってる。
対象機種
・NEC
Express5800シリーズ
・富士通
ESPRIMOシリーズ

また、TFX電源では、最大でも300wしかないため、補助電源を必要としないビデオカードでなければならないのです。
対象ビデオカード
・NVIDIA
GTX1650
GTX1050Ti
GTX1050
・AMD
Radeon RX560
Radeon RX550

2フルスロット用の変換拡張ボードってなに!?
PCI-Express PCI-E 16X ライザ カードエクステンダー 延長変換ケーブル(90度変換)
ストレートタイプはNGです。
必ず90度変換タイプで、フラットケーブルがノイズに弱いため高周波インピーダンス対応品が良いです。


今回は、富士通 ESPRIMOに載せてみました。
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/031/757/15/N000/000/000/156614082209327954435-thumbnail2.jpg?1566140824452

設置は、変換拡張ライザボードの設置位置に合わせて指で押さえた状態で、ビデオカードを取説通りユニットに挿入してやれば、ぴったしカンカンで、最後に、本体マザーボードと延長変換ケーブルを接続してOK干渉もなければ、ビデオカードのファンと延長変換ケーブルとの干渉もなく仕舞作業も楽ちんでした。

外観は、こんな感じ。(違和感なく収まっていますね。)
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/031/757/15/N000/000/000/156614082219226137904-thumbnail2.jpg?1566140824450

普通に表示できたからいいや。
細かい描写表示速度までは、今は気にしてないので満足!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント