なぜ、悪用されるのか?

ここ最近、毎日のようにあおり運転されただのしたつもりはないなど、日常会話でもよく聞くようになった。

なぜ、ここまで、あおり運転が注目されるようになったのかと思う。

そもそも、MT車ばかりだったときは、なんだかんだ言っても、クラッチの接続をうまくやらなければならなかったため、前後の車間を取らなければという危機感が高かったし、前後の車が、どう動くか間合いがとりやすかったものの、複雑さが、事故を発生させる問題だということで、AT車が販売され、当初は、加速しない安全性を備えていたので、少々の操作ミスがあっても、リカバリーが効いていたのだが、危機感が薄まり注意散漫になっていったと思われます。

それなのに、技術は進化し、加速力は踏んだしこ加速していく車ばかりになりました。
そら、ガンガン走れば、ブレーキも遅くなるし、いわゆる普通免許で扱える凶器をパワーアップさせた感じなのです。
だから、ブレーキも踏まずに人ごみに突っ込んだり、無理な運転や、見落としで、スマアシついてても機能きれない大事故も増えました。
しかし、ガンガン走れば、気が大きくなり、運転が上手いとどうしても思いがちになってしまいますが、大きな勘違いなのです。
それこそ、車に走らされた状態になってしまっているのです。

昔のラリーでグループB時代を彷彿とさせますね。
プロドライバーでも扱いきれないモンスターマシンになり廃止になった規格
さらにそれよりたちが悪い、星の数ほどいる一般運転者が扱いきれないマシンをいとも操っているように見せる、ガーディアン化、アシスト化など、中途半端な半自動運転を受け入れようとしているのだ。(免許返還しろと言いつつ…)

本当に運転したいなら、やっぱりMT車、中途半端なAT車はもっと低いレベルのマイクロカーで採用、それ以外は、乗車するだけの完全自動化までいかないと、この問題は、きっと解決しない。

そして、バイクも似たようなこと。3輪や4輪などというものが出来て、安定性とか言っているが、危機感が結局薄れるだけ、事故が減少するのは瞬間的で、だんだん増加するはず。


まあ、少しだけライセンスまでわざわざ取って、レース、ジムカーナ、ダート、ラリーをかじっただけあって、少々尻に付かれてもあまり気にしないし、本当にやばそうならば、速度を落とすか、広い場所で停車して抜かしやすい状況を提供するようには心掛けています。
まあ、ベース利用車がノンターボの軽自動車なので、ショートカットのラインどりと小回りが利く以外はどんな車よりも所詮しょぼいので、頑張るだけしんどいです。

速度を落としてついて来るようであれば、蛇行しようが、パッシングしようが、その人の最適車間なのだから、こちらがどうこう言うことでもないし、事故したときは、後ろから突っ込んできたほうが、悪くなるので、特に気にすることはない。
怖いのは、手を出してくる場合なので、状況を見ながら出来るだけ近場で、車通りの多い一般道、または警察署や、交番、NEXCO施設関連に誘導したうえで停車するのが妥当ですが、強制的に止められた場合は、相手が降りてくる前に、セキュリティ会社や警察に接続しておくことも危機感を和らげる一つの方法かもしれません。
まあ、警察のお知り合いがいないと、これも向き合ってもらえるかわかりませんが…

どうせ、どんなに安全に気を使っていてもヒューマンエラーや相手にムカつかれるときは、必ずある。
ただ、その不満度が自分にしろ、相手にしろ、如何に最小限に出来るかがキーになってくるのだと思う。
とにかく、なにがあっても自分だけでも冷静さを保つ必要がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント